2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« フラフラする | トップページ | 肌寒い »

2024年3月11日 (月)

春告げるシンコ漁、播磨灘で始まる

今年も厳しいとのことです。
以下引用。

春告げるシンコ漁、播磨灘で始まる 各港水揚げ少なく、8年連続の不漁予報的中

 瀬戸内に春を告げるイカナゴのシンコ(稚魚)漁が11日、播磨灘で始まった。兵庫県水産技術センター(明石市)による8年連続の不漁予報が的中して水揚げは少なく、高値が付いた。例年、同時期に漁が解禁される大阪湾では、資源保護のため今年初めて実施が見送られた。

 

 播磨灘の漁は9日解禁だったが、強風のため初日を11日に延期した。

 明石市の林崎漁協の漁師らは夜明け前に出港し、午前6時10分の日の出と同時に網を投げ入れた。

 同市の林崎漁港では午前10時40分ごろ、漁船が姿を見せた。透き通った体長約7センチの希少なシンコを仲買人らが品定めし、初値は1籠(25キロ)約17万円と昨年の2倍近い値段が付いた。仲買人の鶴谷真宜さん(44)は「ここまでの高値は見たことがない。少し大きいが、魚本来の風味を楽しめるはず」と話した。

 坊勢漁協(姫路市)からは約180隻が出漁したが、こちらの水揚げも例年より少なかった。

 県内のシンコ漁はかつて、1万~2万トン台の水揚げがあったが、2017年以降は極度の不漁が続く。22年の漁獲量は1665トン(速報値)、23年は1209トン(同)と低迷。漁業者は資源保護のため、1カ月余りあった漁期を数日~約20日に短縮している。

引用終わり。
速報が流れ、漁が振るわないことから今日だけで打ち切ることになったとのことです。
来年以降の資源の回復を祈るしかありません。

本日のオキシダント濃度
0.050ppm(PM2.5 は 17μg/m3)

« フラフラする | トップページ | 肌寒い »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラフラする | トップページ | 肌寒い »