2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 大阪都構想否決 | トップページ | FTP サーバーが復旧 »

2015年5月19日 (火)

PM2.5 観測地点8割超で基準未達成

実際に体感している方も多いかもしれません。
以下引用。

PM2.5 観測地点8割超で基準未達成

健康への影響が指摘されている大気汚染物質、PM2.5について、環境省が平成25年度の全国の観測地点の濃度を分析した結果、80%以上で、健康を守るために望ましいとされる国の基準を達成できていなかったことが分かりました。

PM2.5はぜんそくや気管支炎などの病気を引き起こすおそれがあると指摘されている大気汚染物質で、中国大陸などからの「越境汚染」の影響のほか、国内では自動車からの排ガスなどが原因物質として挙げられます。
環 境省は健康を守るために維持することが望ましい基準として、空気中の1立方メートル当たりの濃度を、1日の平均で35マイクログラム以下、年間の平均で 15マイクログラム以下と定めていて、平成25年度に全国492地点で観測されたPM2.5の濃度のデータを分析しました。
その結果、およそ84%に当たる413地点で基準を達成できていなかったことが分かりました。本格的に測定を始めた平成23年度以降、達成率は最も低くなっています。
その原因について環境省は、PM2.5を含んだ光化学スモッグが夏に多く発生したことや、関東を中心に、冬に風が弱く大気汚染物質が拡散しにくい時期があったため濃度が上がったことなどを挙げています。
環境省は引き続き排出の抑制対策について、検討を進めていくことにしています。

引用終わり。
そらまめ君等で見ることができるデータは速報値で、正式なデータは数値の処理に時間がかかります。
現在はさらに悪化しているのではないかと心配されます。

本日のオキシダント濃度
0.067ppm(27μg/m3)

« 大阪都構想否決 | トップページ | FTP サーバーが復旧 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PM2.5 観測地点8割超で基準未達成:

« 大阪都構想否決 | トップページ | FTP サーバーが復旧 »