2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「イタイイタイ病」全面解決へ | トップページ | 小学校の英語 »

2013年12月15日 (日)

<飽和脂肪酸>表示を推奨

飽和脂肪酸はあまりよくないといわれていますが、確かに表示はありません。
以下引用。

<飽和脂肪酸>表示を推奨 消費者委方針、食物繊維も

 加工食品の表示基準を検討する内閣府・消費者委員会の「栄養表示に関する調査会」は、取りすぎると脳心血管疾患のリスクが高まる「飽和脂肪酸」と、日本 人が不足気味の「食物繊維」の2成分を、「義務表示」と「任意表示」の中間として新設する「推奨表示」とする方針を決めた。食塩の主成分の「ナトリウム」 については「食塩相当量」という表示を義務付ける方針。消費者団体の主婦連合会は「摂取量が計算できて良い。健康に関係する項目の推奨表示はもっと増やす べきだ」としている。

 食品表示については、三つに分散している関係法を一元化する「食品表示法」が今年6月に成立。2015年春にも施行される見通しで、中身の検討が始まっている。

 栄養表示の検討は、エネルギー▽たんぱく質▽脂質▽炭水化物▽ナトリウム--の5成分を義務表示化することが既定路線。5成分に加えて義務化がどこまで広がるかや、「ナトリウム」を、なじみのある食塩相当量とするかが注目されていた。

 2成分の推奨表示や食塩相当量の義務付けは消費者庁が提案していた。調査会の決定を受け、同庁は2成分について「必要に応じて義務表示化を目指したい」としている。消費者委員会は来夏までに検討結果をまとめ、消費者庁に提出する。

 飽和脂肪酸はバターや肉類などの脂肪に含まれる脂肪酸。体内で固まりやすいため取り過ぎると動脈硬化など脳心血管疾患のリスクが高まる。食物繊維は野菜 や果物、キノコ類などに多く含まれ、腸の働きを整えたり食後の血糖値の上昇を抑えたりする効果があるが、日本人は平均して不足している。

引用終わり。
元記事(毎日新聞)は会員登録していないと本文が読めないため、リンクはヤフーの記事にしています。
無料で登録できますので、興味がある方は登録しておいてもよいかもしれません。

本日のオキシダント濃度
0.037ppm

« 「イタイイタイ病」全面解決へ | トップページ | 小学校の英語 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <飽和脂肪酸>表示を推奨:

« 「イタイイタイ病」全面解決へ | トップページ | 小学校の英語 »