2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« せっけんシャンプーを購入 | トップページ | PM2.5 が下がらない »

2013年8月14日 (水)

映画「風立ちぬ」の喫煙シーンに賛否両論

私はこの映画をみていませんので具体的なことはわからないのですが、賛否両論になっているようです。
以下引用。

日本禁煙学会 「風立ちぬ」喫煙場面に苦言「子どもに影響与える」

 NPO法人「日本禁煙学会」が公開中の映画「風立ちぬ」(監督宮崎駿)の中のタバコの描写について苦言を呈している。

 製作担当者に送付した要望書を公式サイトにアップ。「教室での喫煙場面、職場で上司を含め職員の多くが喫煙している場面、高級リゾートホテルのレストラン内での喫煙場面など、数え上げれば枚挙にいとまがありません」と問題視した。

 「特に、肺結核で伏している妻の手を握りながらの喫煙描写は問題です」と指摘し「夫婦間の、それも特に妻の心理を描写する目的があるとはいえ、なぜこの場面でタバコが使われなくてはならなかったのでしょうか。他の方法でも十分表現できたはずです」と疑問を呈している。

 また学生の“もらいタバコ”のシーンもあり「未成年者の喫煙を助長し、国内法の『未成年者喫煙禁止法』にも抵触するおそれがあります。事実、公開中のこの映画には小学生も含む多くの子どもたちが映画館に足を運んでいます」と主張した。

 作品は関東大震災から太平洋戦争に突き進む激動期の日本が舞台。主人公は零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者・堀越二郎をモデルにした青年で、美しい飛行機をつくる夢を追った半生を描く。

 時代が時代だけに「過去の出来事とはいえ」としながらも「さまざまな場面での喫煙シーンが子どもたちに与える影響は無視できません」と警告している。

  最後に「なお、このお願いは貴社を誹謗中傷する目的は一切なく、貴社がますます繁栄し今後とも映画ファンが喜ぶ作品の制作に関わられることを心から希望し ております」と“注意書き”し、要望書送付の意図を説明。「どうぞその旨をご理解いただき、映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされ ますことを心より要望いたします」と締めくくっている。

引用終わり。
太平洋戦争の時期が舞台になっているということで、中国や韓国からも作中の描写に批判が出ているようです。
ジブリの映画は影響力が大きいですので、もう少し配慮が欲しいと思います。

本日のオキシダント濃度
0.083ppm

« せっけんシャンプーを購入 | トップページ | PM2.5 が下がらない »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「風立ちぬ」の喫煙シーンに賛否両論:

« せっけんシャンプーを購入 | トップページ | PM2.5 が下がらない »