2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 少し楽になってきた | トップページ | また頭痛がする »

2013年7月30日 (火)

毒入りギョーザ事件初公判

5年半もたっているのでもう忘れかけている方もいるかもしれません。
以下引用。

毒ギョーザ事件、犯行動機は「待遇に不満」=発生から5年半で初公判―河北省石家荘市

2013年7月30日、中国河北省石家荘市中級人民法院(日本の地裁に相当)で、中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者・呂月庭(リュー・ユエティン)被告に対する初公判が開かれた。中国青年報(電子版)が伝えた。

同被告は、冷凍ギョーザの製造元・天洋食品の臨時従業員として働いていた2007年7~8月と10~12月にかけて、勤務中に隙を見て冷凍室に忍び込み、 冷凍ギョーザ製品に注射器で有機リン系の殺虫剤・メタミドホスを混入させた容疑が持たれている。2010年3月に逮捕され、起訴から3年近く経過してよう やく今回の初公判に至った。

初公判では検察側が犯行の動機について、「臨時従業員だった被告が正社員に比べて給料やボーナスなど、福利厚生の待遇が悪かったことに不満を抱 き、トラブルを発生させることで工場側に聞き取り調査を行わせ、自分の待遇改善を訴えようとした」と指摘した。被告は罪状認否において起訴事実を認めて謝 罪するとともに、寛大な処置を訴えた。

毒ギョーザ事件は2008年1月に発覚。流通先の日本で、殺虫剤が入ったギョーザを食べた10人が被害に遭ったほか、事件後に回収したギョーザが 中国国内でも出回り、同年6月には河北省承徳市で4人にも被害が及んだ。被告は今回の裁判で「危険物質投与罪」に問われているが、中国の刑法で同罪は10 年以上の懲役から死刑と規定されている。裁判は同日結審したが、判決の期日は未定。

引用終わり。
やっと裁判が始まりました。(時間かかり過ぎ)
中国の食品の安全性が高まったように思えず、中国産の食品を避けている方は多いと思います。

本日のオキシダント濃度
0.040ppm

« 少し楽になってきた | トップページ | また頭痛がする »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毒入りギョーザ事件初公判:

« 少し楽になってきた | トップページ | また頭痛がする »