2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 恵みの雨は短かった | トップページ | 活性炭マスクの弱点 »

2013年2月 3日 (日)

今回のピークは過ぎたらしい

まだ症状は出ていますが、昨日に比べると楽になってきました。
以下、忘備録として。

中国大気汚染、日本の空は大丈夫? 識者から懸念の声も

中国の大気汚染の影響が海を越え、日本にも及んでいる。環境省は「直ちに健康に影響はない」というが、識者からは懸念の声も上がる。自衛策に乗り出す動きも出始めた。

 先月からの深刻な大気汚染で、北京市では29日に一時、汚染物質が日本の基準の10倍以上の1立方メートル当たり500マイクログラム(マイクロは100万分の1)を記録。青空が消えた中国各地の模様が報道されると、環境省の大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」や、大気汚染微粒子や黄砂の飛来予測サイト「SPRINTARS」にはアクセスが集中した。

 幼稚園児の娘がいる福岡市内の40代女性も、「そらまめ君」や「SPRINTARS」をほぼ毎日チェックする。東京電力福島第一原発の事故後、関東から娘と避難してきたが、「福岡も空気が良くない。私が過敏なだけかもしれないけど、目がゴロゴロする」。大気汚染が心配される日は洗濯物は 外に干さないし、娘にはマスクをさせる。「もっとひどくなるようなら、福岡を離れることも考えないといけない」と不安を募らせる。

引用終わり。
加古川市ではPM2.5 の数値も下がって、ピークは過ぎたようです。
しかし今後も同様のことが起きると思われますので、大気汚染情報から目が離せません。

本日のオキシダント濃度
0.046ppm

20130203

« 恵みの雨は短かった | トップページ | 活性炭マスクの弱点 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回のピークは過ぎたらしい:

« 恵みの雨は短かった | トップページ | 活性炭マスクの弱点 »