2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« レーザー光で観測(PM2.5) | トップページ | 農薬の組合せが原因か? »

2013年2月16日 (土)

隕石落下、近くに原発(ロシア)

隕石が落下したロシア中部州には原発など重要施設もあるとのことです。(関係者は肝を冷やしたらしい)
以下引用。

隕石は直径15m、7千トンか…負傷1145人

 ロシア中部チェリャビンスク州に落下した隕石(いんせき)の被害は16日未明(日本時間同午前)までに負傷者1145人、損壊した建物は病院34棟を含む計2962棟に拡大した。

 露非常事態省が発表した。

 タス通信が同州警察当局の話として伝えたところによると、被害地域は州都チェリャビンスク市を中心に、同市西方約100キロのズラトウスト、南方約130キロのトロイツクなど広範囲に及んだ。同州は被害総額を約10億ルーブル(約30億円)と試算している。

 米航空宇宙局(NASA)は15日、この隕石の大気圏突入前の大きさが直径約15メートル、重さは、競技用50メートルプールの水3杯分にあたる 約7000トンだったとの推定結果を発表した。突入前の速度は時速約6万4000キロとみられる。音速の約50倍だ。NASAは、このサイズでは、日中に 接近した場合、事前に見つけるのは困難だとしている。

引用終わり。
日本の原発も隕石落下は想定していないはずです。
隕石で原発事故が起きた場合、保証対象にならないと思われます。

本日のオキシダント濃度
0.042ppm

« レーザー光で観測(PM2.5) | トップページ | 農薬の組合せが原因か? »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隕石落下、近くに原発(ロシア):

« レーザー光で観測(PM2.5) | トップページ | 農薬の組合せが原因か? »