2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 金星、見えましたか | トップページ | 近畿が梅雨入り »

2012年6月 7日 (木)

コラム 「日やけ止め」

ホームページのコラムに「日やけ止めの化学。」を追加しました。
以前は日やけ止めと言えば、塗ると白くなるものでした。
紫外線散乱剤の酸化チタンや酸化亜鉛が白いからです。(白色の顔料としても使われる)
塗っても白くならないものは、紫外線吸収剤がメインになっていると考えられます。

本日のオキシダント濃度
0.065ppm

« 金星、見えましたか | トップページ | 近畿が梅雨入り »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

以前から、日焼け止めの成分について知りたいと思っていました。
わかりやすくまとめてくださって、ありがとうございます。

私自身は、日焼け止めを使うことはできませんが、
どんなしくみで紫外線を防いでいるのか知りたいと思っていました。

ホームページの更新情報がブログにもアップされるのがとても便利ですね。

マルガリータさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

日やけ止めに使われる酸化チタンは、いわゆる光触媒と同じものだったりします。
皮膚に塗って紫外線を当てたらどんな反応が起きるのか、とても気になっているのですが、情報がなく(実験した人がいないのかも)よくわかりませんでした。

他にもなにか気になることがあれば、気軽にコメントしていただいていいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラム 「日やけ止め」:

« 金星、見えましたか | トップページ | 近畿が梅雨入り »