2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 右目の視野検査 | トップページ | コラム 「原子力発電」 »

2012年4月11日 (水)

燃料はヒドラジン

もし近所に破片が落ちても、不用意に近づいてはいけません。
以下引用。

北ミサイル燃料に強い毒性、大量吸引なら死亡も

 北朝鮮が「人工衛星」と称する弾道ミサイルの発射予告期間があす12日に迫った。

 防衛省と警察庁は核・生物・化学(NBC)兵器に対応する部隊を沖縄に派遣したが、これは、11日にミサイルへの注入が明らかにされた液体燃料の毒性が強いとみられるためだ。防衛省は、落下して危害が及ぶ可能性は極めて低いが、万一に備えるとしている。

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射に使うとみられるのは、「ヒドラジン」と呼ばれる液体燃料。製造や保存がたやすく、安定性も高いが、皮膚や目に付着すると激しいやけどを引き起こし、気化したガスを大量に吸うと神経系が侵され、死に至る恐れもあるという。

 旧防衛庁技術研究本部第三研究所の久保田浪之介元所長によると、北朝鮮が2009年に発射したミサイルの燃料はヒドラジンとみられ、今回もこの燃料が使われる可能性が高い。久保田元所長は「仮に燃料タンクやヒドラジンが付着した部品が地上に落ちると、半径数キロに有毒ガスが漂う可能性がある」と話す。


引用終わり。
先進国の液体燃料ロケットは液体水素と液体酸素の組み合わせが主流です。(日本の H2A ロケットなど)
しかし、常温保存ができないなど扱いが難しく、北の技術では使えないようです。

本日のオキシダント濃度
0.046ppm

« 右目の視野検査 | トップページ | コラム 「原子力発電」 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料はヒドラジン:

« 右目の視野検査 | トップページ | コラム 「原子力発電」 »