2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OOo 3.0.1 | トップページ | コラム 「食用油」 »

2009年2月18日 (水)

超臨界炭酸ガスクリーニング

二酸化炭素を31℃以上、73気圧以上にすると超臨界状態になり、有機溶媒にしか溶けない物質も溶かすことができるようになります。
これをドライクリーニングに応用する試みが始まっています。

超臨界炭酸ガスクリーニング
(業者さんのサイトなので引用はしません)

通常のドライクリーニングは有機溶媒を使うため、環境負荷が大きく、残留の問題から化学物質過敏症やアレルギー患者さんは使うことができません。
この方法ならクリーニング後の衣類に化学物質は残留しませんので、使うことができるのではないかと思われます。
設備が高価なため普及には時間がかかりそうですが、化学物質が残留しないドライクリーニングが可能になりそうです。

本日のオキシダント濃度
0.043ppm

« OOo 3.0.1 | トップページ | コラム 「食用油」 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

すごい!!北海道にも早く出来たらいいなぁと思って読んでいました。
私は冬の外出着に困って来ました。

ふらっとさん、こんにちは。
水で洗えない衣類って意外とありますので、早く普及してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超臨界炭酸ガスクリーニング:

« OOo 3.0.1 | トップページ | コラム 「食用油」 »