2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 中学校は終業式 | トップページ | Kinoppy 2.7.0 »

2016年7月21日 (木)

水素が出る入浴剤で火傷

こんな商品が出ているとは、ちょっと驚きです。
以下引用。

“水素が出る入浴剤”でやけどのおそれ 国民生活センターが注意呼び掛け

 水素を発生するというパック型入浴剤でけがをするケースが起きているとして、国民生活センターは7月21日、注意を呼び掛けた。今年5月末までの5年間で、子どもがやけどするなど、けがを負った報告が7件あるという。

 入浴剤は、“自宅で手軽に水素浴が楽しめる”などとして市販されている。酸化カルシウム(生石灰)が水と反応して水素を放出する仕組みを使った商品の場合、化学反応に伴い高熱を発するため、専用のパック容器に入れて使う形になっている。

 同センターによると、7歳の女児が入浴剤を浴槽内のお湯に落としてしまい、あわてて手ですくい上げたところ、やけどを負う事故があった。また「テ レビショッピングでデトックス効果のある水素の入浴剤が紹介されていたのを見て注文した。届いた入浴剤を湯船に入れたら泡が出て、湯温より高温になり驚い た」──といった事例もあるという。

 同センターがパック型の市販品6銘柄を調べたところ、全銘柄で、湯につけてすぐに入浴剤の表面が90度程度の高温になり、長いもので約3分間持続 した。ケースの表面や周囲のお湯は高温にならなかったが、パックを湯に入れてすぐに取り出すと、入浴剤から発生した高温の蒸気に触れたり、パックのすき間 から子どもの指が入って入浴剤に触れてしまうことで、やけどを負うおそれがあったという。

 このため同センターは消費者に対し、入浴剤をお湯に入れたら直接触れたり、湯に入れた直後に取り出したりしないよう呼び掛けている。

 販売業者に対しては表示や商品の改善のほか、効能効果をうたった広告などもあったとして、医薬品医療機器等法に抵触しないよう表示を改めるよう求めていく。

引用終わり。
生石灰は水に触れると反応して高温になりますので、家庭用の商品に使うのは危険だと思います。
水素が体にいいというのもちょっと眉唾な話で、科学的根拠がまだ出ていません。

本日のオキシダント濃度
0.072ppm(PM2.5 は 27μg/m3)

国民生活センターからの呼びかけは以下です。

発熱反応を伴い水素を発生するというパック型入浴剤-使い方によっては、やけどのおそれも-

« 中学校は終業式 | トップページ | Kinoppy 2.7.0 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水素が出る入浴剤で火傷:

« 中学校は終業式 | トップページ | Kinoppy 2.7.0 »

にほんブログ村

ブログ村