2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 猛暑だがあまり汗が出ない | トップページ | 猛暑が一息 »

2014年7月26日 (土)

北海道で PM2.5

これまでと違い中国が原因ではないようです。
以下引用。

26日のPM2.5 北海道に注意喚起、関東や北日本を中心に高い予想

 26日午前のPM2.5濃度は、北海道旭川市で105マイクログラム/㎥を観測するなど、関東から東海を中心に、西日本の各地で環境基準値(35マイクログラム/㎥)超えているところがある。現在、北海道札幌市、旭川市、千歳市に注意喚起(1日平均値が70マイクログラム/㎥を超えると予想される)が発表されている。

 環境省では、PM2.5について、健康な人でも症状が出るおそれのある注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥超)を超えると予測する場 合の「暫定指針値」を「1時間平均値85マイクログラム/㎥」と定めているが、26日午前7時現在の各地のPM2.5測定値は、北海道旭川市で105マイ クログラム/㎥、同札幌市北区で98マイクログラム/㎥、同市厚別区で92マイクログラム/㎥などと、北海道で暫定指針値を上回っているところがある。

今日は、日本付近は南から緩やかに太平洋高気圧に覆われており、上空の風が弱く、汚染物質が滞留しやすい状態となっている。このため、PM2.5濃度は全国的にやや高く (35超~50マイクログラム/㎥以下)、東日本や北日本を中心に、近畿や中国地方でも高い (50超~70マイクログラム/㎥以下)所があると予想される。九州や沖縄は一日を通して低い(35マイクログラム/㎥以下)とみられる。

 明日の濃度は、全国的にやや高い (35超~50マイクログラム/㎥以下)ところが多く、関東から近畿にかけて、および中国、四国で高い(50超~70マイクログラム/㎥以下)と予想される。北日本と沖縄は低い (35マイクログラム/㎥以下)ところが多いとみられる。

 PM2.5については、国の基準値である1日平均値で35マイクログラム/㎥を超えた場合、呼吸器系およびアレルギー疾患のある人を対象に、外出時のマスク着用、また帰宅時の目洗い、うがいなどを促している。

 PM2.5の1日平均値が70マイクログラム/㎥を超過した場合にはすべての人を対象に、外出や激しい運動を控え、部屋の換気などを最小限にすることなどを呼びかけている。

引用終わり。
他の報道によるとシベリアで起きた大規模な森林火災が原因の可能性があるとのことです。(推測であってはっきりとはしていない)
発生した場所が違えば成分が異なると思われますので、十分注意が必要です。(PM2.5 とは粒子の大きさであって成分は関係ない)

本日のオキシダント濃度
0.066ppm(PM2.5 は52μg/m3)

« 猛暑だがあまり汗が出ない | トップページ | 猛暑が一息 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道で PM2.5:

« 猛暑だがあまり汗が出ない | トップページ | 猛暑が一息 »

にほんブログ村

ブログ村