2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 海外産はちみつご用心 | トップページ | 小学校は始業式 »

2014年1月 6日 (月)

PM2.5 分析装置開発

以前ニュースで開発中となっていたのですが、完成したようです。
以下引用。

PM2・5分析する装置開発…発生源特定に期待

 大気汚染を引き起こす微小粒子状物質(PM2・5)の成分を高精度で分析する装置を、東京大学、海洋研究開発機構などのチームが開発した。

 現行装置の2倍となる8種類以上の成分を分析でき、発生源の特定が期待できるという。

 装置のポンプで大気を吸引し、そこに含まれるPM2・5に2種類のレーザーを当て、発する光の色の違いなどから、成分を調べる。石油や石炭を燃やす火力発電所、自動車などから排出される「炭化水素」などと、土ぼこりなどの自然由来の成分を区別できるのが特徴。

 これに風向きや風の強さなどの気象データを組み合わせ、コンピューターの計算で、日本、朝鮮半島、中国のいずれが排出源かを推定する。最大の排出源と見られる中国は、国土を南北に4区分した地域ごとに示すことができるという。

引用終わり。
成分がわかればどこからきたのかも推定できます。
抜本的な対策をとることも可能になると思われます。(もっとも、発生源が中国だったらそう簡単にはいかないだろうが)

本日のオキシダント濃度
0.037ppm

« 海外産はちみつご用心 | トップページ | 小学校は始業式 »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PM2.5 分析装置開発:

« 海外産はちみつご用心 | トップページ | 小学校は始業式 »

にほんブログ村

ブログ村