2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 光化学スモッグ再拡大(社説) | トップページ | 蚊が多い »

2010年8月 5日 (木)

議員会館がシックハウス?

やはり新築の建物は換気が必要ですね。
完成してから入居するまでの時間も短かったのではないかと思います。
以下引用。

巨費の割に対策不備? 議員会館 シックハウス

 衆参両院の新しい議員会館(東京・永田町)で、新築の建物の建材や家具などに含まれる化学物質の揮発で頭痛や吐き気に襲われる「シックハウス症候群」の被害が出ていることが分かった。民間のお手本となるべき国の建物で対策の不備が露呈した格好だ。

 被害を訴えているのは、民主党政調会長代理の桜井充参院議員。桜井氏は七月下旬、新しい衆院議員会館を初めて訪ねた際、気分が悪くなった。桜井氏は同症候群に悩まされてきたが、新会館は「(他の新築よりも)化学物質のにおいがきついと思った。特に廊下は空気が抜けるところがない」と指摘。他の議員に大幅に遅れて五日に引っ越す予定だが、桜井氏本人は議員宿舎を拠点に活動するという。

 民主党の平野達男参院議員も「今は感じなくなったが、最初は目が痛かった」と証言。秘書の間からは「においは気にはなるが、あきらめている」との声も上がっている。

 においは室内の書棚や机、じゅうたんなどから出ている。外気口は小さく、部屋の密閉度は高い。

 参院側は、桜井氏らの問い合わせに「国の指針値を超える濃度の化学物質は検出されていない」と説明。ところが、衆参両院は本紙などの指摘を受けて急きょ、三日から十二日までの十日間、両院の議員会館でにおいを早期に除去するため、夜間も空調機を運転し換気することを決めた。

 化学物質過敏症支援センター(横浜市)の広田しのぶ理事は「国の建物で症状を訴える人が出るとは驚き。シックハウス問題は終わったように言われるが原因は多岐にわたっており、患者は増えている」と話している。


引用終わり。
気密性の高い建物のようですので、一般住宅より化学物質が抜けるのに時間がかかるのでしょう。
ただ、健康被害を訴えていらっしゃる方がお一人だけだからか、対応が遅いような気もします。

本日のオキシダント濃度
0.027ppm(太平洋高気圧がまた強くなったかも)

« 光化学スモッグ再拡大(社説) | トップページ | 蚊が多い »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

>「国の指針値を超える濃度の化学物質は検出されていない」
建物が出来上がった時に室内空気環境の測定をしたんでしょうね。
家具が輸入品との話もある様で、建材は規制されたものだったけど、オプションを入れたらトータルでNGって十分考えられる話です。

ちなみに、桜井充議員って現役の心療内科医なんですね。(サイト見て知りました)

わんこさん、こんにちは。
公式ブログを読むと、桜井充議員は化学物質過敏症のようなんです。(記事にもシックハウス症候群と書いてありますし)
化学物質の濃度も健康な方なら耐えられるレベルだったということなのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員会館がシックハウス?:

« 光化学スモッグ再拡大(社説) | トップページ | 蚊が多い »

にほんブログ村

ブログ村